ECOBURN JAPAN STORY


現在地球上では地球温暖化や大気汚染、資源問題や自然環境破壊など様々な環境問題を抱えています。ECOBURN JAPANは人類が直面しているこのような問題の解決策を探す為に、長い時間研究を重ねてきました。
また、大量生産・大量消費・大量廃棄型の現代経済システムにおいて、3R(Reduce・Reuse・Recycle)が重要な課題となっています。日本が世界に誇る自動車産業。自動車メーカーはハイブリッド車や電気自動車など、環境性能の技術の進歩で貢献していますが、ECOBURN JAPANの使命は、“部品の再利用” や“資源の再資源化”に取り組む事だと考えます。
ECOBURN JAPANは、自動車産業を後世に受け継ぐべく、我々に何ができるのかを考え、自動車のリサイクル事業にも着手しました。

事業紹介

Placeholder

ケミカル事業


●燃料添加剤の製造・販売
●ケミカル製品の研究・開発

Placeholder

海外輸出事業


●中古自動車の輸出
●中古農機・中古重機の輸出
●各種中古パーツの輸出

Read More
Placeholder

ELV事業


●自動車の解体およびリサイクル
●自動車中古パーツの販売
●自動車・農機等のバンニング
●非鉄金属のリサイクル

Read More

 

お客様のレビューはこちらからです

Read More